はじめに

冬のボーナス時期が到来しました。銀行では、定期預金などの金利アップキャンペーンなどを行っています。

今回は、各行が行う金利キャンペーンの仕組や特典、預金金利が高い銀行について解説します。金利ばかりに注目しがちですが、金利以外のメリットがつくキャンペーンも紹介します。現役銀行マンの立場から、金利キャンペーンを行う銀行の内情も解説します。


預金金利キャンペーンは得なのか?

金利キャンペーンとは、銀行が預金を集めるため、主に金利を上乗せする期間限定の施策です。6月、12月のボーナス時を狙ったボーナスキャンペーンや、銀行創立周年など記念キャンペーンが代表的です。

「金利が上乗せされる」と言っても、現在の水準では「3ヵ月0.7%=年率0.175%」が最高ランク。これは、100万円を3ヵ月0.7%で預けても利子の手取りは1,400円にしかならないということです。1億円預けるなら別ですが、1,400円を高金利と感じられるでしょうか?

参考に預金金利を計算する簡単な式を紹介します。ご自身で得た情報があれば計算してみるのもよいでしょう。

<計算式 金額×金利(年利%)÷①×0.8②=受け取る利息額>
①金利は1年間預ける年利なので「3ヵ月0.7%」なら、3ヵ月/12ヵ月で「÷4」
②金利には20%の税金がかかるので「×0.8」

(例1)3ヵ月0.7%で100万円預けた場合
1,000,000円×0.7%÷4×0.8=1,400円

(例2)3ヵ月0.7%で1億円預けた場合
100,000,000円×0.7%÷4×0.8=140,000円

銀行員が言うのも気が引けますが、現在の金利水準では、預金は文字どおり預けるお金で増やすものではありません。金利キャンペーンと言っても、焼け石に水と感じられても仕方ない水準です。