はじめに

4大共通ポイントの投資サービス

1

ポイント投資は基本的にポイントがなければできませんので、「投資に回してもよいポイントがある」ことがポイント投資サービス選びの何よりの条件です。

ポイント投資は、株でも投資信託でも少ないポイントでスタートできるのがメリット。たとえば株なら通常100株単位、数万円〜数十万円は必要ですが、現金購入型なら1株単位、数百ポイント程度から投資できます。さらにポイント連動型ならば、より少ないポイントでも投資できます。

ポイント投資といえども投資ですから、増えることもあれば減ることもあります。しかし、元手は「おまけ」のようなポイントですので、投資のハードルは、自分のお金を出すよりずっと低いでしょう。

また、実際に値動きを見ると「どうして値上がり(値下がり)したのだろう」と気になるはずです。こうしたことから投資を学び、楽しんでいけば、将来の自分の資産運用にもきっと役立ちます。もちろん、ポイントが増えたら嬉しいですよね。投資へのはじめの一歩として、ぜひ試してみてください。

大事なのは、お金のことを真剣に考えて、行動することです。お金は人生を映し出す鏡。行動しか人生は変わりません。ぜひ、一歩を進んでくださいね。

2

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。