はじめに

あけましておめでとうございます。2021年はどんな年になるでしょうか。新しい年になるとワクワクしますね。2020年はコロナの影響もあり、環境が大きく変わった年でした。リモートワークやキャッシュレスが進み、働き方やお金との向き合い方が変わりました。

また、コロナショック、そしてポイント投資やスマホ証券の躍進もあり、投資を始めた人が大きく増えました。楽天証券は2020年12月には500万口座を突破した(しかも、9カ月で100万口座増)と発表しました。勢いがありますね。

今回は、2021年お金を貯めるためにすべきことを、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。


その1:「先取り」「強制」「自動」でお金が貯まるしくみを味方につける

「お金を貯めること」と「ダイエット」はよく似ていると言われます。どちらも目的・目標を定め、仕組み化(習慣化)することが大事です。

貯蓄を長続きさせるためには、教育資金のため、住宅資金のため、老後資金のためなど、お金を貯める目的を決めましょう。目的がはっきりしたら、それを目標に落とし込みます。ポイントは「目標金額」と「期間」を具体的な数値に落とし込むこと。漠然と「1,000万円貯める」ではなく、「10年間で1,000万円貯めるために、毎月約8万4,000円を貯蓄する」といった具合に、はっきりとした目標を立てるようにしましょう。

さて、目的と目標を立てておしまいでは、NGです。お金を貯められるかどうかは、「お金を貯める」という意識だけでは難しいからです。

お金を確実に貯めていくためのキーワード「先取り」「強制」「自動」の3つが鍵です。

先取り貯蓄は、給料などの収入があったらまず先に貯蓄分を取り分けて、残ったお金で生活のやりくりをする方法です。お金が貯まらない人の多くは、収入が入ったら先に使い、余ったら貯蓄するという「後から貯蓄」をしています。しかし、この方法では月によって使い過ぎてしまい、貯蓄ができないということもあります。

その点、先取り貯蓄なら、先に貯蓄分を確保して、残ったお金で生活しますので、貯蓄できないということがありません。ですから、自然とお金が貯まっていくのです。「先取り」「強制」「自動」の3つのキーワードを実行するならば、具体的には、次のような制度・商品を活用するといいでしょう。

(1) 「財形貯蓄」または「社内預金」
勤務先が毎月の給料から天引きしてお金を貯める制度です。財形貯蓄のうち「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」には利子が非課税となる恩恵があります。また社内預金は、金利が一般の銀行より高メリットもあります。

(2) 「定期預金自動積立」
給与が振り込まれる銀行口座で、定期預金に自動で積み立てする日を給与振込日の翌日に設定すれば、ほぼ給与天引きの状態となり確実にお金を貯めることができます。少しでも利率が高いネット銀行がオススメです。

(3) 「投資信託自動積立」
投資信託は金融機関のプロが投資家から集めたお金をまとめて運用する金融商品。自分で株式や債券の分散を行わなくて良いので、便利な商品といえます。

(4) 「つみたてNISA(積立NISA)」
NISAは投資で得られた利益に対する税金を非課税にできる制度です。つみたてNISAを利用すると、毎年40万円までの投資でから得られる利益を最大20年にわたって非課税にすることができます。つみたてNISA(積立NISA)で買える商品は、金融庁が厳選した投資信託から選びます。いずれも手数料が安く、中長期でお金を増やすことが見込める商品ですので、初心者でも選びやすく、投資をスタートしやすいでしょう。

(5) 「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」
iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)は、老後資産をつくるための制度です。現役時代に一定金額を毎月積み立て運用し、その運用結果を老後に受けとります。運用成果により将来の年金額は決まります。毎月の掛け金が全額所得控除になることで所得税・住民税の負担が減る、運用中の利益に税金がかからないなど、節税効果が大きく得られる制度です。運用商品は、定期預金、保険、投資信託の中から選ぶことになります。

今まったく貯蓄がないのであれば、財形貯蓄や定期預金自動積立を利用して少しずつ貯めましょう。目安は生活費の6ヵ月分、できれば1年分です。これが貯まったら、投資信託自動積立やつみたてNISA・iDeCoなどの制度を活用してお金を増やすことを考えていきます。

先取り貯蓄ができるようになったら、少しでも多く貯蓄に回せるように、支出の削減に取り組みましょう。無駄な出費や衝動買いを抑えてお金を貯められるようになれば、その分目標達成も近づきます。