はじめに

昨年、金融庁の報告書で「老後資金に2000万円が不足することになる」と公表され、それまで以上に「老後資金」について議論されるようになりました。

今の生活をやりくりするだけで精一杯の人が多い中、老後資金として2000万円もの大金を貯えるのはかなり厳しいように思いますが、前述の報告書には冷酷な現実が書かれており、誰しもがこれに向き合って暮らしていけなかければなりません。

今回はコンサルティング会社・JSKパートナーズが全国の30~50代まで1081名の男女を対象にした調査結果を元に、多くの人が考える「老後資金」「貯蓄額」の実態に迫ります。


8割以上の人が「老後資金2000万円」を用意できない?

まず、今の生活の中で「老後資金がどれくらい確保できていますか?」の調査結果です。ここでの回答を見ると、8割近くの人が「全くできていない(41.4%)」「あまりできていない(37.7%)」と回答しています。

この回答に、「うちだけじゃなかった!」と安心する方もいるかもしれませんが、お金がないと生きていけないのは明々白々。多くの人は現実的にどれほどの資金を確保できるのでしょうか。次に「老後資金はいくら確保できそうですか?」の回答を見てみましょう。

確保できそうな老後資金は「300万円未満(39.3%)」が最も多く、次に「500万円以上1,000万円未満(15.6%)」、1,000万円以上2,000万円未満(14.0%)」「300万円以上500万円未満(11.7%)」という結果になりました。

冒頭での「老後2000万円が必要」が正しいとすると、8割以上の人が到底及ばない貯えしかできないのが現実ということになります。