はじめに

一生にかかる試算の見直しと実行を

今回の調査結果を要約すると、「100万円未満の貯蓄額の人が4割」「しかし、年金にも期待していない」ということになります。人生100年時代とも言われる今ですが、寿命が伸びることと比例してお金もかかります。

他方、働ける年齢には限界があるため、収入よりも支出額のほうが上回る日は必ずやってきます。できるだけ早い時期に、一生にかかる試算の見直しと貯蓄などの実行を行い、より安心して過ごせる「老後資金」確保を目指しておいたほうが良さそうです。

出典 【提供元】JSKパートナーズ株式会社 【調査日】2020年10月22日(木) 【調査方法】インターネット調査 【調査人数】1,081人 【調査対象】全国の30代~50代の男女 【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。