はじめに

3)どのくらい投資に回してもいいの?

最後に投資に回す割合についてですが、残念ながら明確な答えはありません。収入も年齢も家族構成も、そしてリスク許容度にも違いがありますので、人それぞれとなってしまいます。

相談者様のご家庭で投資に回すことができる金額は、貯蓄総額3,000万円から次の(1)(2)を除いた(3)となります。

(1)生活防衛費として生活費の3~6か月分(心配であれば1年分)を確保
(35万円×3か月~1年分=105万円~420万円)
(2)10年以内に使う予定のお金を確保
マイホーム購入の頭金、繰上げ返済分、車の買い替え、教育費など
(3)現時点では使う予定のないお金(10年以上は使わない)

(3)の投資にまわせる金額が1,000万円であったとします。価格の変動に一喜一憂しない。損してもあきらめがつく金額が2割であれば200万円は株に、そして最終的に1,000万円を貯蓄から投資に回せるように時間分散しながら投資信託など買っていかれたらいかがでしょう。

家事に育児に大変な時期かと思いますが、お仕事復帰までにマネープランが整理できることを願っています。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう

この記事の感想を教えてください。