はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、30歳、会社員の女性。現在妊娠5カ月の相談者。出産にあたり、投資信託の口座からお金をおろしたいそうですが、複数ある口座のどれからおろすのが良いでしょうか。FPの伊藤亮太氏がお答えします。

出産にあたり、100万円ほど投資信託からおろしたいと思っています。口座がいくつかあるのですが、どの口座からおろすのが良いのでしょうか。

(1)主人のNISA口座 全世界株式 +15% 50万円
(2)自身のNISA口座 全世界株式 +10% 50万円
(3)自身の特定口座
・外国株式 +30% 250万円
・外国債券 +10% 100万円
・日本株式 +20% 100万円
・日本債券 +1% 80万円

税金がかからないためNISA口座からおろすのが良いのでしょうか。それとも、+30%と多くのリターンがある特定口座の外国株式からおろすのが良いのでしょうか。リバランスをしつつバランス良くおろすのが良いのでしょうか。考え方をお教えください。よろしくお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・女性、30歳、妊娠5カ月、会社員、既婚
・夫(30歳)
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:50万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
・毎月の世帯の支出の目安:30万円

伊藤:ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太です。回答いたします。

「どれを売ればよいか?」また「何を買えばよいか?」、こうした質問は多く受けてきました。しかしながら、答えは一つではありません。その後どうしたいか? 何のために投資をしてきたのか? 仮に売却後に価格がさらに上昇したとしても気にしないでいられるのか? こうした質問に逆に回答いただかなければ、こうすべきとはなかなか言えないのが実情です。

さて、相談者の場合、出産のためということですから、出産関連の費用やその後のことも考えたうえで現金化したいという希望かと思います。まず、現預金がどれくらいあるのか? 旦那さんがどうお考えなのか? 本当に売却しなければいけない状況なのかどうかを今一度考えてください(相談内容では相談に至った背景がわからない、金融資産の状況がわからないため)。

仮に現預金がある程度あるならば、無理して売却する必要はないと思います。健康保険から出産手当金も支給されるため、実際にどれくらいお金が足りないかは見積もる必要があると思います。