はじめに

コロナ禍で転職活動について、注目すべきは女性にとって難易度が上がっていることです。コロナ前後を比較すると、転職活動期間が長引いたり、応募社数が増加したりするなど、女性が転職活動に苦戦している姿が目立つそうです。

正社員で長く働きたい女性のための転職サイト「女性の転職type」を運営する株式会社キャリアセンターが、コロナ禍での女性の転職活動について調査しました。特に「面接方法の変化」が影響しているようです。


コロナ禍の転職活動期間は3~4か月が最多

まず、コロナ前の2019年以前と、コロナ禍の2020年以降の転職活動期間を見ていきましょう。

コロナ前の2019年までの転職活動期間は、1位「1~2か月」で28.7%、2位「3~4か月」で25.1%、3位「1か月未満」で20.9%でした。1位~3位を合わせると49.6%、約半数の女性が、2か月以内に転職を成功させていたことが分かります。

一方、コロナ禍の2020年以降は、1位「3~4か月」が26.8%となりました。2か月以内の転職成功者は、2位「1か月未満」21.9%、3位「1~2か月」21.0%を合わせて42.9%です。コロナ前後で比較すると、2か月以内に転職を成功させた女性の割合は49.6%から42.9%と減少しています。

また、コロナ禍以降は、転職活動期間としては長い「5~6か月」「7~8か月」「9~10か月」「11~12か月」もそれぞれ0.4%~2.0%ずつ増加しています。以上のことから、コロナ禍以降の女性の転職活動期間は長期化していると言えるでしょう。

このように転職活動期間が増加したのはなぜでしょうか? 次に応募社数を見ていきましょう。