【お金のお悩み募集中】家計、住宅ローン、老後資金…読者の悩みにFPが回答!

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、28歳、会社員の女性。婚約者とともに、60歳2,000万円を目標にコツコツ積み立て投資を行っているという相談者。今後もし、出産・育児のために給与が減っても目標を達成できるか知りたいとのこと。FPの秋山芳生氏がお答えします。

老後の資金形成のために、つみたてNISA3万3,333円/月とiDeCo¥5,000円/月をコツコツ積み立てしています。60歳のときに2,000万円を目標に、まだ20代のためリスクを取って国内・海外株式中心に年率5%程度の運用で行っています。年齢が上がるにつれて、ローリスク商品に入れ替えていこうと思っています。

今は自分の給与から積み立て出来ていますが、今後出産・育児により給与が減り、出費が増えて積み立てが出来なくなる可能性があります。一時的に積立をやめた場合であっても、目標達成できるか知りたいです。また何年間であれば、積み立てをストップしても問題ないか教えてください。

【相談者プロフィール】
・女性、28歳、会社員、既婚
・同居家族について:婚約者、30歳、会社員。手取り月収25万
 お互い生活費10万ずつ家計に入れています。
 彼の資産分配はわかりませんが、同じように投資しています。
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:25万円(婚約者分合計50万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:70万円(婚約者分合計150万円)
・毎月の世帯の支出の目安:20万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万5,000円
・食費:4万円
・水道光熱費:1万5,000円
・保険料:1万円
・通信費:1万円
・車両費:1万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:15万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:50万円
・現在の貯蓄総額:300万円
・現在の投資総額:180万円
・現在の負債総額:0円
・公的年金、厚生年金、退職金なし。
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ