読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
5歳のお子さんを育てながら、夫婦で小学校の教員をしている相談者。資産運用を始めたものの、教育資金や老後資金が足りるのか、どこまで運用に回していいのかわからないといいます。FPの氏家祥美氏がお答えします。

何となく流行にのって資産運用を始めたのだが、教育資金や老後資金のために足りるのかが分からず、どこまで運用の方に回せばよいのかわからない。生活をもっと切り詰めないといけないのか不安になってしまう。きりがなく結局安心感が得られない。

【相談者プロフィール】
・男性、34歳、公務員、既婚
・配偶者の年齢:33歳
・子どもの人数:1人
・子どもの年齢:5歳
・同居家族について:妻、33歳。夫婦で小学校教員。保育園通いの息子(5歳)
・住居の形態:持ち家(戸建て、埼玉県)
・毎月の世帯の手取り金額:55万円(夫30万、妻25万)
・年間の世帯の手取りボーナス額:210万円
・毎月の世帯の支出の目安:31万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万8,000円
・食費:8万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:2万円
・保険料:火災地震年間2万円、自動車二台分年間6万円、生命保険二人分年間11万円
・通信費:3,000円
・車両費:6,000円(ガソリン)
・お小遣い:小遣いシステムではないので0

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:15万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:90万円
・現在の貯蓄総額:700万円
・現在の投資総額:570万円
・現在の負債総額:住宅ローン2,300万円、奨学金100万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ