はじめに

今の目標は、教育費よりも貯金残高を増やすこと

ご相談者のご家庭の今の目標は、「教育費」と決めて資金作りをするよりも、それを含めた資産形成を考えたほうがよいと思います。というのも、ご相談者ご夫婦はこれから老後資金作りも視野に入りますが、教育費を優先してばかりいると、それらが貯まりません。

また、「教育費」と決めて貯めると、それ以外に使うことができないような気持ちになってしまいがちです。違う見方をすると、貯金は少ないのに教育費用の蓄えがあるから、塾や教材などに使っても大丈夫と思ってしまい、貯金を無駄に使ってしまうこともあるのです。これは避けたいことです。

また、教育費に懸命になり老後資金が不足してしまえば、巡り巡って老後は子どもたちに迷惑をかけてしまうということにもなりかねません。

そうならないために、今は「貯金を増やす」ことを目標にし、その貯金の一部を切り崩して教育費を支払うイメージで臨めば、将来的に教育費も老後資金も困らないのではないかと思います。

貯めるスピードは、今を維持するか、それ以上でできると素晴らしいですね。ボーナスからも貯めるようにしていただきたいですが、貯めることばかりに注力し、生活や生きることを楽しむことを忘れることがないようにもしていただきたいもの。要はメリハリが大切ということです。ぜひ、頑張ってみてください。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

この記事は参考になりましたか?