<PR>起業家シバタナオキ氏登壇!『マネーフォワードWeek』無料申込み受付中

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、40歳独身の男性。数年以内に早期退職を考えている相談者。資産の構成要素は大丈夫か。持ち家か賃貸、どちらがいいのか。現状で早期退職は現実的なのでしょうか? FPの鈴木さや子氏がお答えします。

現在40歳の会社員です。家は賃貸で、資産が約5,800万円あります。数年以内に早期退職したいと考えているのですが、3点ほど悩みがあります。

1つ目は、資産が預金と日本株だけで構成されているため、他の投資先も検討すべきかということ。2つ目はこのまま賃貸に住み続けるか中古マンションを購入するかということ。3つ目はこの資産状況で数年後の早期退職が現実的かということになります。なお、負債はなく結婚の予定はありません。

【相談者プロフィール】
・男性、40歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:53万円
・ボーナス:なし
・毎月の世帯の支出の目安:20万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万5,000円
・食費:4万5,000円
・水道光熱費:1万円
・通信費:7,000円
・お小遣い:3万3,000円
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:33万円
・現在の貯蓄総額:3,400万円
・現在の投資総額:2,400万円
・現在の負債総額:0円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ