はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、53歳、パートの女性。夫の退職まであと2年。企業型確定拠出年金に加入しており、受け取り方法が一時金、年金、併用と選べる中で、どのように受け取ったらよいかとお悩みです。FPの坂本綾子氏がお答えします。

主人が60歳定年まであと2年です。退職金は一時金と年金401Kの併用が選べます。一時金は500万程度、401Kは1,000万程度の予定ですが、勤続年数が19年の為、一時金の非課税枠が少なく、受給方法をどうしたら良いか教えてください。

定年後はそのまま嘱託で働く予定で年収300万程度です。60歳から個人年金が5年(年120万)と10年(年58万)が貰えます。公的年金は65歳から月18万弱です。高校1年の息子の教育費は別に用意するとして、60歳からの生活費は35万程度に抑えたいと考えています。

【相談者プロフィール】
・女性、53歳、パート・アルバイト、既婚
・同居家族について:夫58歳、子ども16歳
・住居の形態:持ち家(戸建て、千葉県)
・毎月の世帯の手取り金額:35万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:120万円
・毎月の世帯の支出の目安:45万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:1万円
・食費:10万円
・水道光熱費:3万円
・教育費:13万円
・保険料:4万円
・通信費:3万円
・車両費:2万円
・お小遣い:5万円
・その他:4万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:2万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:12万円
・現在の貯蓄総額:3,000万円
・現在の投資総額:300万円
・現在の負債総額:0円

坂本:ご相談ありがとうございます。まず、退職金の受け取り方から考えてみましょう。退職金は一時金と年金401Kとのこと。年金401Kは企業型確定拠出年金ですね? つまり、一時金が500万円、年金形式で受け取る企業型確定拠出年金が1,000万円の計1,500万円。そして確定拠出年金は通常、一時金受取りと年金受け取りを併用できます。比率は一時金25%:年金75%、一時金50%:年金50%、一時金25%:年金75%など。夫の場合は、どんな比率で併用できるか、加入している確定拠出年金のコールセンターや勤務先で確認してください。

勤続年数が19年のため一時金の非課税枠が少ないと記載されています。勤続年数20年以下の場合、一時金で受け取った退職金の非課税枠は勤続年数×40万円です。

ご相談者の場合は、19年×40万円ですから760万円までは受け取っても税金がかかりません。一時金は500万円ですから、せっかくの非課税枠が260万円余ってしまいます。この枠を活用するには、確定拠出年金の一部を一時金受け取りすることです。

もし、一時金25%:年金75%で受け取れるなら、250万円を一時金受け取りに。まだ10万円の枠が残っていますが、非課税枠を超えて受け取ると、超えた分の2分の1に所得税・住民税がかかります。