はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、41歳、フリーランスウェブエンジニアの男性。1年ほど前からフリーで活動されている相談者。会社員時代の健康保険組合の任意継続期限が切れたのちに、法人化して社会保険と厚生年金に加入するか、個人事業主のまま国民健康保険+国民年金に加入するか迷っているといいます。税理士の伊藤英佑氏がお答えします。

1年ほど前からフリーランスでWEBエンジニアをしております。

現在は前職の会社員時代の健康保険組合に任意継続で加入しておりますが、加入期限が最大2年となっており、このまま行けば1年後には国民健康保険に加入することとなります。
そこで法人成りして社会保険と厚生年金に加入するか、このまま個人事業主のまま国民健康保険+国民年金にするか迷っております。

社会保障関連でメリットが有る一方で、万が一事業をやめて会社員に戻る場合は廃業手続きが大変そうというイメージもあり躊躇しています(現時点では戻るつもりはありませんが)。

法人化するとしたら以下の概要となります

・従業員は自分ひとりで誰かを雇う予定はない
・売上は900〜1,000万円前後で経費比率は20%を超えない
・事務所は自宅(持ち家)
・現時点では年金代わりにiDeCoをほぼ満額(月6万7,000円)かけている

また開業前は18年ほど会社員をしており、そのときに厚生年金に加入していました。以上、アドバイスよろしくお願いいたします


【相談者プロフィール】
・男性、41歳、自営業、独身
・住居の形態:持ち家(マンション・集合住宅・東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:75万円(税・社会保険料支払い前)
・ボーナスの有無:なし
・毎月の世帯の支出の目安:30万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:10万1,000円(住宅ローン+管理費・修繕積立金)
・食費:4万円
・水道光熱費:1万3,000円
・教育費:1万円
・保険料:3,000円
・通信費:1万円
・お小遣い:2万円
・その他:国民年金1万7,000円 / 社会保険任意継続 3万5,000円
・毎月の貯蓄額:20万円
(先取り預金としてつみたてNISA+特定口座投信8万3,000円/ iDeCo6万7,000円)
・現在の貯蓄総額:500万円
・現在の投資総額:210万円(iDeCo含む)
・現在の負債総額:2,600万円(住宅ローン)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ