はじめに

定期預金の金利効果は比較してみると

では次に「上記の金利の効果はどのくらいなのか」をシミュレートしてみます。
例えば0.2%の定期預金に預け入れたと仮定します。

投資運用に比べてしまえば、「増やす」効果としてはそれほど大きいとは言えないかも知れません。ところが、最大のメリットは元本割れリスクがほぼ皆無である、という点と、1度の振込手数料で無くなる程度しか利息が付かない普通預金と比べた場合に金利の効果が大きいという点です。

次に、預入金額を100万円ではなく、1,000万円にして計算してみます。

ごく当然の計算にはなりますが、預け入れ金額が大きくなればなるほど、受け取れる利息も増えていきます。

投資運用を行った場合、金額が大きくなればなるほど、不調の際のマイナス幅が大きくりますが、わずかな金額でも、ゆっくり安全に資産を増やしたいという方にとっては、定期預金の預け入れは有効な「資金の寝かせ場所」になるでしょう。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介