はじめに

就職などで独り立ちした子供がいる世帯も多いことかと思います。今回は、独立する子供の自動車保険料をなるべく安くする方法について、我が家の実例を交えてお話しします。


見積もりした自動車保険料 年間8万円超えに愕然

自動車保険を契約する時に、「自動車の型式」や「使用目的」「運転者の年齢や範囲」、「年間の走行距離」、「等級」、「補償内容」など様々な情報を入力して保険料が算出されるのはご存じのことかと思います。テレビのCMで「保険料は走る分だけ」「40代・50代の保険料が割安な大人の自動車保険」などといったキャッチフレーズを耳にしますが、保険会社ごとに保険料は違うため比較するのは難しいものです。

この春、同居していた筆者の子供(24歳)が就職のため、転居することが決まりました。通勤に自家用車が必要になり、中古の軽自動車を購入するに伴い任意の自動車保険への加入を検討することになったのです。まず、自動車保険の一括見積もりをしたところ8万円〜10万円など保険料が高額なことに驚きました。というのも、筆者が加入している通販型の自動車保険は保険料が年間約3万円。高くても倍くらいかと考えていたからです。ちなみに筆者の契約条件は、子供も運転するため年齢区分は「21歳以上」、車両保険は付けていません。子供の保険料が高額になった理由を調べてみたところ、次の要素の影響が大きいのではないかと考えました。

・22年前の中古車
・年齢区分が「21歳以上」(保険料が高い区分であること)
・新規契約のため等級が「6等級」
・使用目的が「通勤」

すでに自動車は購入してしまいましたし、年齢区分も26歳になるまで変わりません。新卒の給料で年間8万円以上の保険料出費は懐が痛むので何とか安くできないかと思案することに。

親の「等級」を子どもにあげるという方法があった

自動車保険には「等級引き継ぎ」という制度があります。以前、筆者が生損保代理店に勤務していた時に耳にした記憶があったものの、当時は自分の業務に関係がなかったので恥ずかしながら制度の仕組みをよく理解していませんでした。

自動車保険の「等級制度」は1〜20等級の20段階に分かれいて「等級」が大きくなるほど、割引率がアップして保険料が割安になります。通常、子どもが免許を取得して、新規契約をすると6等級からスタートします。契約期間中に保険を使わなければ次の契約では等級が一つ上がり、保険料が割引されます。筆者の契約は、割引率が最大の「20等級」ですから「等級引き継ぎ」を利用することで子どもの保険料を下げることができるかもしれません。なお、等級引き継ぎを利用するには決められたルールをクリアする必要があります。「同居」が絶対条件になるので、例えば、子どもが転居してしまうと等級引き継ぎはできません。