読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、53歳、パートの女性。立ち退きにより住宅を購入し、ローンの支払いが始まる相談者。現状の家計で老後は大丈夫なのでしょうか? FPの渡邊裕介氏がお答えします。

コロナ禍、立ち退きで住宅を購入しましたが、このままで大丈夫なのか、漠然とした不安があります。iDeCo(私のみ満額)をやっていますが、手堅く貯金しておくほうがいいのか、もう少し投資あるいは外貨預金などをしたほうがいいのか迷っています。

住宅ローンは、物件購入額870万円、借入額670万円、金利0.63%、返済期間15年、5月より開始。

※相談内容は一部編集しています。

【相談者プロフィール】
・女性、53歳、パート、既婚
・同居家族について:夫(53歳)、管理会社一般社員、月収約14万円
 私、小売業パート、月収約15万円
 次女、小売業パート、月収約13万円。(第一子は独立)
・住居の形態:持ち家(マンション・集合住宅/千葉県)
・毎月の世帯の手取り金額:29万円(次女の収入を除く)
・年間の世帯の手取りボーナス額:5万円
・毎月の世帯の支出の目安:28万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万2,000円
・食費:5万円
・水道光熱費:1万5,000円
・保険料:1万7,000円
・通信費:2万5,000円
・車両費:1万円
・お小遣い:3万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:2万3,000円
・ボーナスからの年間貯蓄額:3万円
・現在の貯蓄総額:860万円
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:670万円
・老後資金:公的年金・夫婦で月額23万3,000円、退職金330万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ