はじめに

老後資金の置き場を検討しておこう

3年後には退職金が支給されるようです。また、現在はご夫婦で1,800万円近いお金を貯金のみで持っています。しばらく使わないお金でしょうし、預金金利が低い状態が続いていますから、長期間そのまま置いておくのはもったいなく思います。できれば、個別株などではなく投資信託などへの投資をし、預金金利より高い利回りで運用できることを目指してほしいと思います。

運用するならインデックスファンドがおすすめ

ご相談者は一度投資で損をされたということですから、投資には抵抗があるかもしれません。ですが、当時された投資は、1つの会社に投資をする個別株への投資だったり、FXのような為替レートの変動を利用した差益を目的とした投資ではなかったでしょうか。これらは投資の中でもリスク(不確実性)の高いものです。

このような投資ではなく、1つの商品で数百、数千の銘柄に投資ができる投資信託への投資を検討してみましょう。1つの銘柄で分散投資ができますし、日経平均やTOPIX、海外で言えば代平均などの株価の指標に連動することを目指している「インデックスファンド」への投資であれば、価格の動きもわかりやすいですし、ゆっくりですが成長することも期待できます。

金融庁のデータでは、20年ほど継続すると、2~6%の利回りで運用できている人が多いと出ています。ですから、そういった商品への積立投資ができるつみたてNISAなどの非課税制度を利用した投資も検討する価値があると思います。

今ではセキュリティもしっかりしていますし、万が一トラブルがあってもきちんと対応してくれます。ネット証券も悪くはないと思いますので、警戒しすぎず、検討してみてください。

この記事は参考になりましたか?