はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、56歳、会社員の女性。離婚後単身で生活している相談者。老後に備えて不動産の購入や運用の割合で悩まれています。FPが提案するマネープランは? FPの秋山芳生氏がお答えします。

預金から投資資産へ資金を振り替えているが、投資資産を何割程度までにするのが妥当でしょうか。また、老後を考えて住宅購入を早く実行すべきか、その場合の妥当な予算について悩んでいます。

65歳まで勤務が可能な職場ですが、業務のストレスも高く、あと10年近くフルタイム勤務が可能だと思えないため、早めにリタイアする事も考慮したいです。

【相談者プロフィール】
・女性、56歳、会社員、数年前に離婚後独身
・同居家族について:子ども(25歳)は独立している
・住居の形態:賃貸(神奈川県)
・毎月の世帯の手取り金額:30万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:76万円
・毎月の世帯の支出の目安:26万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:9万5,000円
・食費:4万円
・水道光熱費:1万円
・保険料:3万円(個人年金)
・通信費:8,000円
・お小遣い:3万円
・その他:2万3,000円 (iDeCo)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:2万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:56万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):4,200万円
・現在の投資総額:700万円
・現在の負債総額:0円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ