はじめに

2019年に「老後資金2,000万円問題」がありました。では、2,000万円を用意しておけば安心なのか?というと必ずしもそうとは言えません。とくに現役時代に高額所得者だった人は、もっとも注意が必要なのです。高額所得者ほど、老後貧乏になりやすいことを知っていますか?

では、高額所得者の人は、どのくらいの老後資金を用意すればいいでしょうか?

たとえば、6,000万円ぐらいの資金を用意できたとします。これで老後は安泰になると思っていたら間違いです。もしかすると、老後貧乏への道をまっしぐらに進んでいることになるかも知れません。

逆に、現役時代に所得がそれほど多くなかった人の方が老後破綻になりにくいってこともあるのです。

どうして、こんなことがあるのでしょうか?それは老後生活の「収支バランス」に鍵があります。理由を解説していきましょう。


6000万円の老後資金が82歳でマイナスになる!

では、なぜ高額所得者なのに老後貧乏の危険性があるのか、例を出して説明をしましょう。

現役時代の年収1,500万円のAさん。月額にすると収入は125万円で、支出は月額平均80万円です。それでも余裕で暮らせるので、たまに海外旅行を楽しみしています。

老後資金としては、退職金を含めて6,000万円を準備しました。これだけあれば十分に足りると考えています。

Aさんは、65歳で退職をして年金暮らしになりました。公的年金20万円と企業年金15万円(15年有期年金)の月額合計35万円の年金暮らしになります。月の支出は、現役時代と同じというわけにはいかないと思い、2割を節約して、65万円で暮らしています。

では、Aさんの老後生活というのは、どうなるのでしょうか?簡単なシミュレーションをしてみます。

収入(年金)月額35万円−支出月額65万円=−30万円
−30万円×12ヵ月=−360万円

年間360万円の赤字になります。それを老後資金で取り崩すことになります。
6,000万円÷360万円=約17年

約17年後、つまり約82歳になる時には、老後資金が底をついてしまうという計算になります。

さらに、お気づきかも知れませんが、企業年金は15年の有期年金です。80歳以降は公的年金だけの月額20万円になるので、82歳になった時点でマイナスの生活に陥るのです。

さて、Aさんは82歳からの生活というのは、月額20万円だけで生活することになります。そこで、支出を抑えることができない場合は、本当に老後破綻の道に突き進むことになってしまいます。