はじめに

十分な老後資金を作ることは可能

ステップ3は、いよいよ貯蓄から投資の段階です。

65歳を年金受取開始と考えても、老後まではまだ20年以上あります。仮に3万3,000円をつみたてNISAなどの投資にまわして、複利で5%の期待値で運用出来た場合、計算上は1,356万円以上になります。この間、残りの1万5,000円を貯蓄していくと、20年で360万円に。現在の150万円と合わせると、510万円の現金になりますので、1,356万円と合計すると1,800万円を超えます。老後2,000万円問題は、夫婦2人分の老後費用ですので、独身でいた場合は十分な老後資産といえると思います。

この状態を目指すには、まずは証券口座を開設する必要があります。インターネットでも口座を開くことができるので、口座を開き、つみたてNISAの設定をしていただければと思います。つみたてNISAは、運用益が非課税で利益に対して税金がかからないことや、やめようと思ったらいつでもやめることができるので、投資初心者にとって始めやすい制度だと思います。

仕組みを作って資産形成を楽にしよう

以上、3つのステップで余剰資金をつくり投資にまわしていくことで、資産を形成していけると思います。収入を高めることができると、資金が増えるスピードは早まっていくので、可能であれば自己投資をして、成長産業に身を置けるようにすると、長期で考えるとリターンが大きいかもしれません。

また、支出の改善は、変動費を気合と根性で少なくするよりも、固定費を見直すことで、改善後は努力をしなくても改善状態が継続できるのでおすすめです。

できるだけ長く続けやすい家計の仕組み化ができると、長期投資を成功させる原資を生みやすくなります。固定費の改善や投資の自動積み立てなど、自動的に資産形成ができるような設定をしておくと良いと思います。

以上、お金の不安が少しでも改善する参考になれば幸いです。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。