はじめに

ボーナスシーズンです。「今年は少なかった」「出なかった」といった声を多く聞かれます。一方で、業種や職種によっては「ボーナスが増えた」という人もいるかもしれません。

ある程度金額が決まっている月収とは違って、ボーナスは実に「不確定」なもの。先行き不透明な時代だからこそ、これまでボーナスがコンスタントに出ていた場合でも、今後減ったりなくなったりする可能性があることを頭に入れておく必要があります。

ボーナスに変化があっても慌てることのないよう、家計を整える考え方をお伝えします。


ボーナスは実に不確定なもの

毎回当たり前のように出ていたボーナスが、突然減ったり、なくなったりということがよくあります。特にコロナ禍によって、一部の企業を除いて、ボーナスにマイナスの影響を受けた方も多いでしょう。

大きな影響がなかった人でも、今後どうなるかはわかりません。毎回コンスタントにボーナスを「当たり前」だと思って、ボーナスが入ることを前提に考えてしまうことは危険です。

例えば「毎月赤字だけれど、ボーナスが出るから大丈夫」と思っていたり、夫婦同じ会社に勤めていて、夫婦で住宅ローンを組み、ボーナス返済もある」という状況だったり。そこでボーナスが減ったり、なくなったりしては、家計が立ちいかなくなってしまうかもしれません。

お金に関する不確定なことは、シビアな目線で考えておくことが賢明。ボーナスは最初から「出ないもの」と考えておくといいでしょう。そのため、「クレジットカードのボーナス払い」「住宅ローンのボーナス返済」は、できるだけ避けておくことをおすすめしたいです。

ボーナスは「出たらラッキーだな」という気持ちで、そもそもアテにしないこと。何か買いたいものがあった場合、ボーナスが出る前にボーナス払いで買ってしまうのではなく、「ちゃんとボーナスが出てから考えよう」と先送りにするのです。

何事でも、期待したことが裏切られるとがっかりするわけですから、最初から期待しなければいいのです。ボーナスも期待しないでいて、思いがけず出ることになれば、うれしさも膨らむはずです。