【お金のお悩み募集中】家計、住宅ローン、老後資金…読者の悩みにFPが回答!

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、34歳、会社員の女性。シングルマザーとして2歳の子どもを育てている相談者。現職では収入アップも退職金も期待できないため、転職と家計の見直しを検討しています。教育費と老後資金を貯められるでしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。

シングルマザーで子育て、老後の備えをするにあたり、家計の見直しや転職を検討しています。

子どもの進学などはなるべく意志を尊重しつつ、自分の老後も安心して過ごせるよう、アドバイス頂けると幸いです。

今現在、再婚するつもりはなく、今後長期的に働くと考えた時に、今の仕事では退職金もなく、収入アップもあまり期待できません。年齢的にも早めに転職すべきかと考えていますが、子育て中のため、なかなか決断出来ません。転職する場合は、ハローワーク等も利用し、学校に通って専門知識をつけようかと検討しています。

また、今後の住まいについても悩んでいます。

現在は実家(持家戸建て、借地)に住んでいますが、数年以内にマンションへの再開発の話が出ています。再開発となった場合、対価で頂けるマンションの部屋は今よりも狭くなる事が予想出来、両親と一緒に住む事は出来ないかもしれません(詳細はまだ不明です)。となると、賃貸、または中古住宅の購入が必要になるかと思いますが、ひとり親のため、ローンを組むのは不安が残ります。

両親も金銭的にとても余裕がある訳ではなく、また既に結婚して家を出た姉と弟がおり、今後両親が他界した場合でも、実家(再開発後のマンション)を誰が相続するかは分かりません。

今現在、両親(70歳、60歳)は元気ですが、介護が必要になった場合は、一緒に暮らしている私が面倒を見る事になると思います。

ちなみに去年7月に育休復帰したため、今現在は児童手当の他に、児童扶養手当と児童育成手当も受給していますが、来年からは恐らく所得制限で受給出来なくなると思います。手当関係は全て子どもの教育資金として貯金、他に月2万円ずつ教育資金として貯金しています。

今後どのように動けばリスクが少なく、老後もカツカツにならず生活出来るのか、アドバイス頂けると幸いです。

【相談者プロフィール】
・女性、34歳、会社員、独身(離婚)
・同居家族について:
 子ども/2歳、父/既にリタイア済み、
 母/パートで月10万円程度ですが、財布は別です。
・住居の形態:親の家で同居(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:32万円
(給料25万円、児童手当、児童育成手当、児童扶養手当計約7万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:90万円
・毎月の世帯の支出の目安:14万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:5万円
・食費:5,000円
・水道光熱費:0円
・教育費:5,000円
・保険料:2万7,000円
・通信費:8,000円
・車両費:0円
・お小遣い:3万円
・その他:1万5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10〜13万円(教育資金2万円含む)
・ボーナスからの年間貯蓄額:80万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):400万円(うち、子どもの教育資金130万)
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:奨学金18万円
・退職金なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ