はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、2人の子どもと公務員の夫をもつ33歳パートの女性。コロナ禍で外食や外出が減っているのに、貯金がまったくできないという相談者。家計の内訳を見てFPが指摘する問題点とは? FPの秋山芳生氏がお答えします。

コロナで外出、外食が減っているのに一向に貯金が出来ません。支出は少ないと思っているのに、給料が残らないのはなぜでしょうか。上手な貯金の方法が分からず、家計の計算も苦手です。コツを教えてください。

【相談者プロフィール】
・女性、33歳、パート、既婚
・同居家族について:夫/33歳、公務員月収25万円、妻/パート平均月収7万円
 子ども2人(4歳、6歳)
・住居の形態:賃貸(愛知県)
・毎月の世帯の手取り金額:32万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:130万円
・毎月の世帯の支出の目安:25万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万円
・食費:5万円
・水道光熱費:2万3,000円
・教育費:3万円
・保険料:4万5,000円
・通信費:2万円
・お小遣い:2万円
・その他:10万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):0円
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:不明(記載なし)

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。コロナ禍で外出が減ったにもかかわらず支出が減らず、貯蓄が“まったく貯まらない”のですね。「贅沢しているわけではないのに、なぜか貯金が貯まらない」という思いは、古来から議論されてきた人類の不思議の一つです。

33歳の夫婦でご主人は公務員、奥様はパートでそれぞれに収入があるにもかかわらず、資産が増えないのは、家計の状態に秘密がありそうです。問題を正しく捉え、家計改善していかないと貯蓄は増えないので一緒に謎解きをしていきたいと思います。