はじめに

投資は「生活防衛費」を作ってから

固定費の見直しで、恐らく月に4万円は支出を減らせると思います。資産形成を考えると、この4万円を投資に回したくなりますが、まずは「月の生活費の6カ月分」を目安に貯金し、「生活防衛費」を作りましょう。

生活防衛費は、万が一働けなくなった場合でも、焦らずに次のステップに進めるように生活を守るための貯蓄です。最低生活費の3カ月分を目安に、できれば生活費6〜12カ月分があると安心だと思います。生活防衛費が貯まったら、余剰資金をつみたてNISAやiDeCoなどの税制優遇制度を活用して老後に向けた資産形成をすると良いと思います。

家計改善で人生設計が変わる

家計把握や家計改善は、その方法を知っていてもやらなければ意味がありません。やらなければ知らないのと同じなので、実行することが重要です。

ご相談者さまの場合は、まず家計簿をつけて、何に使いすぎているかを知ることが大切です。そして、固定費を見直すことで、月の収支は大きく改善していくと思います。また、ボーナスもすべて使っている様子なので、年間の支出計画をしっかりと立てると良いでしょう。

今後のお子さんの学資であったり、ご自身の老後であったり、大きな支出が考えられると思いますので計画的に準備していくことが大切です。

素敵な未来を築くために、どこか参考になれば幸いです。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]お金の悩み無料相談!ライフプランを作成し、将来の不安に対して、無理のない対策をアドバイス!

この記事の感想を教えてください。