はじめに

年間500万円以上の黒字家計だが使途不明金も

最初に、現在の家計の状況から確認していきましょう。

現在の手取り月収は100万円。ご相談者さんが会社員、妻が個人事業主ということで、ふたりで収入を得ているのが大きいですね。それに対して、毎月の支出は56万円。支出のなかでは、「その他:24万9,000円」の金額が大きく、中身が見えない点が気になりますが、洋服や理美容費、医療費、昼食代などご夫婦それぞれの個人的な支出もここに含まれていると思われます。

月収100万円-支出56万円=44万円のところ、毎月の貯蓄額は27万円ということで、差額の17万円の行方も気になります。貯蓄として残っている部分もあるかと思いますが、ここでは、ボーナス200万円は丸々貯蓄していることを考慮して、家具家電の買い替えや冠婚葬祭、子ども周りのイベント費、旅行費用などその他もろもろの何かしらの支出として消費されていると考えました。

以上より、年間の貯蓄額は、27万円×12カ月=324万円、これにボーナスの手取り200万円が丸々貯蓄として加わり、合計で524万円となります。

住宅ローン残債4800万円はその気になれば5年で完済も

続いて、現在の家計の金融資産と負債の状況を見ていきます。現在、2,500万円の金融資産を持っています。マイホームはすでに購入済みで、住宅ローンの返済があと4,800万円残っています。

ローン残高4,800万円-金融資産2,500万円=2,300万円ということで、ここだけ見るとマイナス2,300万円ですが、年間524万円という現在の貯蓄ペースを見る限り、その気になればあと5年以内に完済できてしまう状況です。

また、注目したいのは、物件の購入価格が1億2,000万円だったということです。このうちの7,200万円は実際に支払い済みでこの状況というのは立派です。