はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、30歳、会社員の女性。資産総額は1,500万円。将来は独身かDINKSで、セミリタイアに憧れているそうですが、実現可能でしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。

30歳、独身会社員です。将来は、このまま独身かDINKSを想定していますが、セミリタイアにも憧れています。

現在貯金は1,300万円。投資は200万円。投資の状況は、毎月iDeCo2万3,000円+つみたてNISA3万3,000円+ロボアド2万4,000円。個別株は、国内株を、好きかつ成長しそうな企業のみ所持、配当金+貸株+キャピタルゲインで年間10万円レベルです。投資信託と個別株のバランスは現状半々。

現金と投資信託と個別株のバランスはどうでしょうか? 金など、他の投資も検討したいと思っています。

その他、親戚から家を借りているため家賃が安い。スマホ利用料は月数百円。美容費月1万円以下という生活環境です。

よろしくお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・女性、30歳、独身、会社員
・住居の形態:賃貸(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:35万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:数万円のインセンティブ程度
・毎月の世帯の支出の目安:約15万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:4万円
・食費:4万円
・水道光熱費:5,000円
・通信費:5,000円
・お小遣い:3万円
・その他:3万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:12万円
・毎月iDeCo2万3,000円+つみたてNISA3万3,000円+ロボアド2万4,000円
・ボーナスからの年間貯蓄額:0円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,300万円
・現在の投資総額:200万円
・現在の負債総額:0円

秋山:ご相談頂きありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。

ご相談者さまは、親戚から格安で家を借りているので固定費が低く、支出は大きく黒字のようです。資産総額は1,500万円ありますが、貯金と運用資産のバランスについてどのようにするべきかを悩まれています。そして、このまま一生独身か、結婚しても支出が増えない想定であれば、セミリタイアが可能かというご相談ですね。

最近ではFIRE(Financial Independence, Retire Early)と言われる経済的に自由な状態を目指すムーブメントがありますが、その中でも経済的には自立しながら好きな仕事を行う「サイドFIRE(=セミリタイア)」と言われるカテゴリーもあります。このままいくと、いつごろセミリタイアが実現可能かを、一緒に考えていきたいと思います。