はじめに

複数の収入源を持つことを意識して

セミリタイヤやサイドFIREは、毎年の収入(または取り崩し可能な余剰資産)よりも支出を少なくできるかがとても重要になります。

ご相談者さまの場合は、年間180〜200万円と、支出がかなり少ない状況ですので、生活費の25倍という資産形成の目標額も5,000万円と、実現可能性が高い数字になっています。生活費は、現在親戚から借りている住宅をいつまで借りられるのかで上がる可能性もありますし、結婚をして生活環境が変わったり、お子さんが産まれたりすることがあれば教育費なども発生するので、変化していくことが考えられます。

ただし、完全リタイアではなく、月に10〜15万円でも労働収入があれば人生による変化を吸収できますし、残りの生活費を運用益や配当から捻出することも可能です。

今から人生の楽しみを作っておくことも大事

また、「セミリタイアをして何をするのか」ということも考えておくと良いと思います。時間だけができても、社会に貢献する時間が少ない状態が続くと、それはそれで非常に退屈な可能性もあります。趣味に打ち込むことや、人間関係やコミュニティを形成すること、またはセミリタイアして行う仕事自体が自分のやりたいことになっていると、より楽しみながら、長期のセミリタイア生活を成功に導くことができるはずです。

これらは、セミリタイアせずともできることでもあります。今という時間は戻ってこないので、「セミリタイアしたら楽しむ」ではなく、「今から、できることを楽しむ」ということも、非常に重要な視点になると思います。

どこか、参考になれば幸いです。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を

この記事の感想を教えてください。