はじめに

まずは家計をチェック。30歳で資産1500万はかなりの貯蓄体質!

現在、毎月の手取り収入は35万円で、支出は約15万円とのことです。毎月の収支は20万円の黒字となり、年間240万円資産が増える計算になります。30歳という若さで総資産が1,500万円とのことですので、かなり貯蓄体質であると言えます。

毎月の家計の内訳を見ても、無駄な保険には加入しておらず、通信費もスマートフォンと家のインターネット回線を合わせて月に5,000円に抑えられ、固定費が極めて低い状態と言えます。特に、住宅費は家を親戚から借りているので4万円と非常に安く抑えられています。

固定費全体が低いと、毎月の支出が抑えられ、「貯蓄体質」になっていきますが、ご相談者さまの家計はその良い例と言えますね。

必要な金額以上は、投資に回してもOK

資産1,500万円の内訳は、1,300万円の現金と、200万円の運用資産となっています。ある程度の現金を持っていることは、資産運用を行う上で大前提になりますが、少しバランスが悪く感じます。現金で持っておきたい金額は、「生活防衛費」として毎月の支出の6カ月分と、直近3年から5年で現金で使うことが決まっている金額(引っ越し費用、車購入費、海外旅行、住宅購入の頭金など)です。

それ以上の現金は、タイミングを見て投資に回しても良いでしょう。現在30歳と、まだお若いので、長期視点で考えると、必要以上の現金を持ち続けることで、将来インフレ負け(インフレによって現金の価値が下がる)して損をしてしまう可能性もあるためです。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介