はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、47歳・会社員の独身女性。現在の所得は悪くないけれど、激務のため働き続けられる自信がなく、老後に経済的に自立できるのか不安だといいます。FPの飯田道子氏がお答えします。

激務のため所得は悪くなく、現金預金は多い方だと思います。持家ではなく家賃支出が続くこと、退職金はほとんど出ません。さらに、実績連動で激務のため、今の仕事がいつまで続くかわからず、仮に続いたとしても同じ所得水準が保障されているわけではありません。

近い将来ささやかながら親孝行したいと思いますが、経済的に頼れる状況ではなく、相続は期待していません。

一生懸命働いてきましたが、体力面を含め今の生活を50歳以降も続ける自信がなく、老後を含め経済的な自立ができるか不安を感じています。

【相談者プロフィール】
・女性、47歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:60万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:20万円
・毎月の世帯の支出の目安:26万5,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:10万円
・食費:5万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:2(スキルアップや書籍など)
・保険料:5,000円
・通信費:1万円
・お小遣い:2万円
・その他:4万円(日用品や理美容、ふるさと納税等)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:35万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:0円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):6,000万円
・現在の投資総額:100万円
・現在の負債総額:0

飯田:激務のため、体力面の不安を感じ50歳以降も今の仕事を続けられるのか自信がない相談者様。老後の経済的な自立ができるのかのご相談です。また、近い将来、親孝行もしたいということです。相談者様が経済的に自立することは可能なのでしょうか? 今後はどのような生活が望ましいのかを考えてみましょう。