読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、45歳会社員、管理職の女性。仕事の責任や時間の制約が厳しく、一般職への転職を検討しています。現在の貯蓄額は4,000万円。収入が減っても現状の支出のままで老後まで暮らしていけるでしょうか? FPの氏家祥美氏がお答えします。

現在独身の40代で、結婚の予定はありません。

現職はお給料は良いのですが、仕事がきつく、なかなか時間の制約も厳しい状況です。両親が高齢になることから、今後はマメに帰省する必要も考えられます。そのため、時間の余裕や、責任の範囲を軽くしたく管理職から一般職への転職を考えています。

両親は、地方在住で持ち家、ローンは完済しています。転職時に地元に戻ることも一案ですが、仕事があるかどうかわからない(手取年収360万円位を希望しているため)、また、友人が地元には少ないので、二の足を踏んでおり、地元には戻らない前提で生活を考えたいと思っています。

収入が減ることが想定されますので、

1)現状から貯蓄が増えない(定年までは、収入=生活費になるとしたら)
現在の生活レベルを一生変更しない(生活費31万円/月)としたら、現在の貯蓄で老後資金は間に合うか否か
2)もし上記で間に合わない場合、目安として、どれくらいの金額を貯蓄する必要があるか

の2点のシミュレーションをご相談したいと思っています。

実際に高齢になった際に生活費として31万円も必要ないかもしれませんが、ケアハウスへの入居等も(お金の余裕があれば)選択肢として考えるかもしれないので、月額31万円で計算してみようと考えています。

現職では退職金制度がありませんので、退職金は支払われません。転職したとしても、定年までは働こうと思っています。

【相談者プロフィール】
・女性、45歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(東京都、一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:68万円
・ボーナスの有無:なし
・毎月の世帯の支出の目安:30万7,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:12万5,000円
・食費:4万5,000円(ふるさと納税購入分も含)
・水道光熱費:1万3,000円
・教育費:1万円(自己投資。書籍、オンライン講座等)
・保険料:6,000円
・通信費:1万3,000円
(Wi-Fi、格安携帯料金、携帯機種変更や、新しいパソコン購入時の貯金を含む)
・お小遣い:4万5,000円(交際費、帰省時の交通費含)
・その他:5万円(ここから毎月2万円ずつ貯めて、年に数回の旅行費用にしている)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:37万円(原則すべて積立投資の購入に充てています)
・現在の貯金総額(投資分は含まない):2,000万円
・現在の投資総額:2,000万円(すべて投資信託。国内外リート:280万、アクティブファンド:480万、インデックス+債券等のバランスファンド:1,240万)
・現在の負債総額:0円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ