はじめに

改めてNISAの活用を考えよう

とはいえ、私たちが政策を決めるわけではないため、決定されてしまえば受け入れざるを得ないわけです。そこで、改めて注目したいのが、国が用意してくれている非課税制度であるNISAとiDeCoです。この制度を活用すれば、投資によって生じた利益が全てそのまま自分の実入りになるわけで、少なくとも現時点では金融所得税の20.315%を合法的に回避することが出来ますし、仮に税率が引き上げられてもこの制度内であれば影響はありません。

しかし、まだNISAやiDeCoを利用していない個人投資家にもよく出会います。理由を聞いてみると、なんとなく面倒くさいと言うのです。たとえばNISAであれば、一般NISAとつみたてNISAがあり、どちらを選んだ方がいいのかを決めるために、制度の内容をいちいち理解するのが面倒という意見を多く耳にしました。そこで、今回はいくつかの観点から簡単にどちらのNISAが自分に適しているかを判断する軸を紹介します。