はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、50歳の夫と暮らす49歳・会社員の女性。家計は夫婦別財布。財布を合わせたほうが今後の老後資金作りに有利だと考えていますが、お互い独身生活が長かったため抵抗が強いといいます。プロが教える、上手なやり方は? FPの横山光昭氏がお答えします。

夫婦で財布を合わせるとよいと聞きますが、なかなかできずにいます。ですが、互いにもう50歳。老後のことも考え、お金を貯めるには、そろそろ本気で家計を合わせることを考えなくてはいけないかなと思っています。

私たちは50歳の夫婦で、3年前に初婚同士で結婚しました。長いこと独身でしたから、自分の収入の使い方、価値観等がそれぞれに出来上がっています。彼はしっかり貯め込むほうです。私はおしゃれを楽しめる年齢もあと少しかなと思っているので、洋服代や美容関係にお金を使いたいほう。そのため、あまり貯めることができていません。結婚前からの貯金は、私はボーナスの残りなどが貯まり50万円ほどしかなく、夫は800万円ほど蓄えているようです。

家計を合わせると、どうしても私のほうが多く使ってしまうだろうと思います。そうなると、彼のお金を使うようで、大変申し訳なく思い、財布を合わせることをためらってしまいます。やはり財布を合わせないと、お金も貯まらないし家計管理もうまくいかないものなのでしょうか。

【相談者プロフィール】
・49歳、会社員。夫、50歳、会社員
・手取り収入:
 相談者/月収26万5,000円、年間ボーナス約70万円
 夫/月収34万4,000円、年間ボーナス約120万円
・貯金:相談者約50万円、夫約800万円
・毎月の支出の内訳:44万3,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(家賃・管理費):11万6,000 円
・食費(外食含む):8万2,000 円
・水道光熱費(電気・水道):1万8,000 円
・通信費(スマホ2台・ネット回線):1万2,000円
・生命保険料:2万4,000 円
・日用品代:1万円
・医療費:3,000円
・教育費(妻・習い事):1万2,000円
・交通費:5,000 円
・被服費:4万2,000円
・交際費:2万円
・娯楽費:2万5,000 円
・その他(それぞれ自由に使う分含む):7万4,000円

横山:夫が上手くお金を残しているのかもしれませんが、家計表を拝見すると黒字でやりくりできているようです。今後は、ご夫婦でやりくりを考え、老後資金の準備などとして、「ご夫婦の貯金」を増やしていければよいのではないかと思います。