はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、33歳、会社員の女性。40歳で2,000万円資産を築くことを目標に、現金貯金に対して運用比率を上げて達成を目指しています。定期的な不労所得にも興味があるといいます。現在のプランで達成なるでしょうか? FPの横田健一氏がお答えします。

40歳までに最低でも老後資金2,000万円を貯めたいと思っていますが、現金で貯めるのは現実的ではなく、さらに投資の比率を上げていきたいと思ってます。

現在つみたてNISAを3万3,000円、企業型DCを3万円を毎月積立しており、終身米ドル保険を運用目的で200万円(払済み)、日本株が100万、米国株を40万、投信を130万円ほど保有しています。

昨年自宅を購入し結婚の予定もないため今後大きな出費はあまりないと思っていますが、今の仕事をずっと続けるか悩んでいるため、定期的な不労所得もあるといいなとも思っています。現金比率をもっと下げて運用をしていきたいのですが、次にするべき運用はなにがよいか教えていただきたいです。

【相談者プロフィール】
・女性、33歳、会社員、独身
・住居の形態:持ち家(マンション、福岡県、一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:21万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:130万円

【毎月の支出の内訳】
・毎月の世帯の支出の目安:17万円
・住居費:6万6,000円
・食費:3万円
・水道光熱費:1万円
・保険料:4,000円
・通信費:1万円
・お小遣い:2万円
・その他:美容費、被服費等3万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0円
・つみたてNISA毎月:3万3,000円
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):325万円
・現在の投資総額:470万円
(終身米ドル保険200万円、日本株100万円、米国株40万円、投信130万円)
・現在の負債総額(住宅ローン):2,940万円
(購入額4,600万、借入額3,000万円、金利変動0.57%、返済期間35年)

横田:ご相談頂きましてありがとうございます。株式会社ウェルスペントのファイナンシャルプランナー、横田健一です。

40歳までに2,000万円以上を貯めるために、より積極的に運用していきたいというご相談ですね。今後のライフプランとしては、特に大きな出費の予定はないということですので、まずは現在の延長線上で将来のお金がどのようになるか「見える化」することから始めてみましょう。