はじめに

定期的な不労所得を得るためには?

さらに定期的な不労所得にご興味をお持ちということですが、不労所得として代表的なものは不動産収入と株式配当になるかと思います。株式についてはすでに実践されていますので、ここでは簡単に不動産投資についてご説明させていただきます。

まず不動産投資を始める場合、目標設定が重要です。不労所得として毎月10万円あればよいのか、毎月20万円ほしいのか、など具体的な金額で目標を決めましょう。もちろん収入は大きな方がよいかもしれませんが、金額が大きくなればなるほど達成するまでに時間がかかりますし、その分大きなリスクを取りに行く必要がありますのでご注意ください。

不動産投資を始める場合、何に気をつけるべきか

例えば、毎月15万円の不労所得を目標にしたとします。投資対象として不動産投資の中でもオーソドックスな区分マンションで考えてみると、家賃5万円のワンルームを3つ、家賃7.5万円のワンルームを2つ、家賃15万円のファミリータイプの区分マンションを1つなどが考えられます(ここでは不動産収入に関する諸費用を割愛してご説明しています)。

不動産への投資も、株式等への投資と同様、分散投資をすることでリスクを下げることができますので、空室リスク、地震リスクなどを考慮すると、上記の例で言えば1物件よりは3物件に分散した方がよいでしょう。

そして、大切なことは、どこの不動産会社と付き合うかということです。ネット証券と言えば、ある程度大手数社に絞られますが、不動産投資の場合、不動産会社は無数といってもいいくらいあり、さらにマイホーム物件、ワンルーム投資、一棟ものなど会社によって得意分野が異なります。信頼できる適切なパートナーを見つけることが非常に重要です。

簡単にご説明しましたが、不動産投資での不労所得を目指す場合には、書籍などはもちろん、できるだけ多くの経験者・実践者の話を聞いたりして、リアルな情報を集めていくことが重要です。しっかりと準備していくようにしていただければと思います。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介