はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、59歳、パートの女性。老後資金は夫婦合わせて1,700万円ほど。60歳の夫は65歳まで働くつもりですが、今のままでは老後資金が足らなくなるのではと心配しています。今から対策して間に合うでしょうか? FPの横山光昭氏がお答えします。

退職金が2,000万円出ましたが、各ローンの返済や外壁の修理をしたところ半分ほど使ってしまい、残る老後資金は退職金の残り1,000万円とこれまでの貯金700万円になってしまいました。

貯金を減らさないために、夫は65歳まで働く予定ですが、年を重ねるにつれ、だんだんと収入は減る見込みのようですから、徐々に赤字はひどくなっていくと思えます。今のままでは老後資金が足りないのではないかと心配です。

家計のほうは住居費の支払いはないものの、毎月の収支は赤字です。私もパートをしていますが、すっかり体力が落ちてしまい、今以上に仕事量を増やすのが難しいため、増収も難しいと思います。

できれば老後はゆったりと過ごしたいのですが、今のままでそれが可能でしょうか。

【相談者プロフィール】
・女性、59歳、パート
・同居の家族について:夫、60歳、再雇用
・その他の家族について:独立した息子2人(32歳、29歳)
・毎月の手取り収入(合計収入22万1000円)
 妻/月収4万3,000円
 夫/月収14万4,000円、高齢者雇用継続給付金3万4,000円
・年間ボーナス:約80万円
・貯金: 1,700万円(退職金を含む)
・毎月の支出の目安:26万6,000円

【毎月の支出の内訳】
・食費(外食含む):7万4,000円
・水道光熱費(電気・水道):1万9,000円
・通信費(スマホ3台・ネット回線、次男分含む):2万4,000円
・生命保険料:4万2,000円
・日用品代:9,000円
・医療費:4,000円
・交通費:3,000円
・被服費:1万円
・交際費:1万3,000円
・娯楽費:8,000円
・こづかい:4万円
・その他:2万円

横山:老後資金が1,700万円。引き締めていかないと、老後資金は先細りしていきそうです。今はまだ60歳、収入を増やすことを考えてもよいかもしれません。対策を考えていきましょう。