はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、43歳、地方公務員の方。土地を購入して新築を建てたいそうですが、貯金が少なく、カーローンが200万円あることを心配しています。どれくらいのローンが組めるのでしょうか? また、借りられる金額と、無理なく支払える金額はどのくらい差があるのでしょうか? FPの渡邊裕介氏がお答えします。


43歳・独身・地方公務員です。

土地を購入して新築を建てたいのですが、貯金が少ないことと、住宅ローン期間や保険を考えると、いくらまでなら住宅ローンを借りられて、ローン期間はどの程度がいいかわかりません。

また、現在、2018年末に借り入れたカーローンを返済しています。借入額は330万円で、残債は202万8,505円です。金利1.9%、毎月分2万2,650円、ボーナス払い10万6,999円、返済終了日は2025年12月25日予定です。

そのうえで、ローンの借り方はどのように考えればよいでしょうか。

【相談者プロフィール】
・43歳、公務員、独身
・住居の形態:賃貸(鹿児島県)
・毎月の世帯の手取り金額:24万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:114万円

【支出の内訳】
・住居費:5万9,000円
・食費:4万円
・水道光熱費:1万2,000円
・保険料:2万円
・通信費:1万2,000円
・車両費:1万2,000円
・お小遣い:3万7,000円
・その他:カーローン毎月2万2,650円、ボーナス払い10万6,999円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:1万円
・ボーナスからの貯蓄:なし
・現在の貯金総額(投資分は含まない):10万円
・現在の投資総額:600万円
・現在の負債総額:202万8,000円(カーローン)

渡邊:こんにちは、ファイナンシャルプランナーの渡邊です。

今回は、カーローンを抱えている方の住宅購入のご相談です。住宅を購入する際、多くの方が住宅ローンを組みます。その時にカーローンを組んでいると、借入れできる金額に影響を及ぼします。しかし、自動車を購入する際に一括で購入するより、ローンを組む方も多いのではないでしょうか。

カーローンを抱えている場合の住宅購入の注意点について見ていきましょう。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう