はじめに

前回、純資産総額が1億円にも満たない、生きているのか死んでいるのか分からないような投資信託がたくさんあるという話をしましたが、純資産総額だけでは、その投資信託が本当に人気化しているのかどうか分からない面があります。本当の意味で投資信託の人気度を測る方法を考えてみました。


前回記事:長期保有しても無意味な投資信託とは?ゾンビファンドが存続している理由

純資産総額と基準価額、受益権口数の関係を理解しよう

まず純資産総額とは何かを考えてみましょう。純資産総額は、投資信託に組み入れられている株式や債券の時価総額です。つまり現在、どれだけの価値を持っているのかを表します。

そして、この純資産総額を受益権口数で割って求められるのが「基準価額」です。投資信託に組み入れられている株式や債券が値上がりすると基準価額も値上がりするのは、これら組入資産の値上がりによって純資産総額が増えるからです。

ちなみに受益権とは、投資信託の運用によって生じた運用益を受け取る権利で、かつては「受益証券」という本券を発行していましたが、今は有価証券の電子化が行われたため、紙ベースの受益証券は存在しません。

とはいえ、個々人がその投資信託を何口保有しているのかを示す必要があるため、「受益権口数」が計算されています。

純資産総額は組入資産の値上がり・値下がりだけでなく、資金の流出入によっても増減します。ただし新規設定・解約によって資金の流出入が生じた場合、確かに純資産総額も増減しますが、同時に受益権口数も増減するため、それが基準価額の値上がり・値下がりに影響することはありません。基準価額の値上がり・値下がりは、あくまでも投資信託に組み入れられた資産の値上がり・値下がりによってのみ起こります。

ちょっとややこしい話になってしまい恐縮ですが、個別に投資信託の人気度を測るためには、純資産総額と基準価額、受益権口数の関係を理解しておくと便利です。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介