はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、50代で再婚されたご夫婦。同居にあたって貯金で住宅を購入し、蓄えはほぼゼロに。これから2人で老後資金をつくっていく予定ですが、お互いを尊重しつつ効率よくお金を貯めるための家計管理方法が知りたいといいます。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。


50代半ばですが、昨年、再婚同士で同い年の方と結婚しました。今はまだ別居なのですが、同居するにあたり家を建てました。価格はおよそ3,500万円。2人で貯金をはたき、不足分はローンを組む形にしたので、蓄えはほぼない状態です。

つまり、夫婦生活はゼロからの出発といってもよいほどで、一緒に暮らすようになったら、将来に向けて「こんなはずではなかった」とならないように、しっかりと貯金もしたいと思っています。

家計を「見える化」し、夫婦でやりくりすることを軌道に乗せるには、最初が肝心ではないかと思います。まず、何をするとよいでしょうか。ある程度出来上がった人間同士が夫婦になるので、互いを尊重しつつ、お金の面を共有すべきだと考えています。

生活費用の口座を作る、デビットカードを作るなど具体的な方法を伺いたいですし、また、基本的な心構えもアドバイスいただきたいと思っています。

【相談者プロフィール】
・54歳、自営業
・夫、55歳、会社員
・手取り収入:相談者月収24万5,000円、夫月収38万3,000円・年間賞与約80万円
・退職金の見込み:相談者規模企業共済約600万円、夫退職金約2,000万円
・住宅ローン:2,000万円(頭金2人で1,500万円、15年ローン、金利約1%、ボーナス返済なし)
・貯蓄額:相談者0円、夫約80万円
・毎月の支出の目安:47万9,000円(現在のそれぞれの支出を合算)

【毎月の支出の内訳】
・住居費(住宅ローン+管理費):12万円
・食費(外食含む):9万1,000 円
・水道光熱費:4万8,000 円
・通信費(スマホ2台・ネット回線):3万4,000 円
・生命保険料:2万5,000 円
・日用品代:1万5,000 円
・医療費:3,000円
・自動車関連費:4万1,000 円
・交通費:8,000 円
・被服費:1万4,000 円
・交際費:2万6,000 円
・娯楽費:1万円
・その他:4万4,000 円

FP:住宅を立て替えるということですが、貯金をはたいてまでというのは、少し計画が足りなかったかもしれません。ですが、お二人の収入と支出の差額を見ると、ある程度挽回できるかもしれません。