はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、60代のご夫婦から。高齢になるにつれ資産の管理ができなくなることに不安を感じているといいますが、いざという時に困らないために、今からやっておくべき対策は? 公認会計士・税理士の伊藤英佑氏がお答えします。


60代半ばの夫婦です。共働き公務員でしたので、老後の資金的な不安はありませんが、高齢になるにつれ資産管理ができなくなるのでは、と不安が募ります。資産をどのようにしておけば安心できるでしょうか。

【相談者プロフィール】
・女性、64歳、無職
・夫:66歳、会計年度任用職員、月収10万程度
・子ども:32歳、29歳
・夫婦の親は90代だが施設介護及び通所介護で、費用も含め介護の負担はない
・住居の形態:持ち家(マンション・東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:年金込みで52万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:35万円
・毎月の世帯の支出の目安: 27万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):預貯金2,000万円
 貯蓄型保険(解約返戻金)1,000万円
・現在の投資総額:4,000万円
・現在の負債総額:2,700万円(住宅ローン2軒目)

伊藤:ご相談ありがとうございます。現在60代半ばのご夫婦が、「老後の資金的な不安はないが高齢になるにつれ資産管理ができなくなるのでは」と心配をされているというご相談について考えていきたいと思います。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう