はじめに

先取り貯蓄で貯め、高金利口座に預け替え

1000万円を実現させるための基本は「先取り貯蓄」。お給料をもらったら、使う前に毎月決まった金額を強制的に貯蓄に回していく方法です。給与天引きや自動振替などで自動的にお金が貯まる仕組みを作っておきましょう。

会社員で勤務先に財形制度が導入されていれば、給与天引きで財形貯蓄をするのもいいですね。他にも自動振替で積立定期預金や貯蓄型の生命保険をかけていく方法もあります。

自動的にお金が貯まっていくのはいいことですが、預貯金だけでは利息がほとんどつきません。ただ貯めていくだけでお金はなかなか増えてくれません。

それなら金利を味方につけましょう。先取り貯蓄である程度の金額が貯まったら、より高金利なものに預け替えるようにすると効率よくお金が増えていきますよ。

一般的に、通常の銀行よりもネット専業銀行のほうが金利は高め。ボーナス時期や新年度などに金利キャンペーンをするところも多いので、タイミングを合わせて預け替えをしてみましょう。6ヵ月定期や1年定期など、期間の短いものを選ぶと預け替えしやすいですよ。

資産運用にも積極的にトライ

金利を味方にするなら資産運用にもトライしてみましょう。仮に100万円を年利0.1%の定期預金に預けたとすると、1年後の利息は1,000円。一方、資産運用で3%を実現できれば3万円です。1%だとしても1万円と、定期預金に預けたときの10倍です。

株式や投資信託などの運用商品には、値動きのリスクがついてまわります。例えば半分はネット銀行の定期預金、もう半分は投資信託というように、お金が必要となる時期と目標金額に合わせ、預貯金と運用商品をバランスよく組み合わせていきましょう。