はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は49歳独身、会社員の女性。現在住んでいるマンションのリセールバリューが高いため、売却して利益を投資に当てて資金を増やしたほうがいいのか、住み続けたほうがいいのかと悩んでいます。判断基準は? FPの三澤恭子氏がお答えします。


はじめまして。独身49歳女性ですが、築19年のマンションを売却するかしないかについて悩んでいます。

というのも、売却するつもりはなかったのですが、リセールバリューの高いマンションで、現在高値で取引されているらしく5,000万円ぐらいで売れそうなので、それで投資信託などに預けて財産を増やしてみてはどうかと考えているからです。このままあと30年ぐらいこのマンションに住み続けた方がいいのか、マンションを売却して財産を増やしたほうがいいのか迷っています。

3%ぐらい利益が出れば十分と思っていて、安定を求めた投資を考えています。マンションの売却で得た利益をどのように増やしていけばいいか、またはやめたほうがいいか、注意した方がいい点など教えてください。

高齢になると賃貸住宅は貸してもらえないという現実があるかと思いますが、60歳ぐらいになって増えた財産でマンションを買ってもいいかなと思っています。その住宅で、できれば最期を迎えたいと思っています。

現在の純資産はNISA や iDeCo、普通預金と合わせて1,800万円ぐらいあります。毎月iDeCoに2万3,000円 、NISA に20万円入れています。こちらは手をつけずにそのまま定年まで継続していくつもりです。

現在は施設職員として勤務しており、年収は400万円ぐらいですが副業もしておりますので年間の手取りは420万円ぐらいです。年間の貯金額は300万円ぐらいです。

【相談者プロフィール】
・女性、49歳、会社員、独身
・住居の形態:持ち家(マンション、東京都、一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:30万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:50万円
・毎月の世帯の支出の目安:8万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:4万円
・食費:1万円
・水道光熱費:1万円
・通信費:5,000円
・お小遣い:1万円
・その他:5,000円

【資産状況】
・年間の貯蓄額:約300万円(ボーナス50万円含め)
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,500万円
・現在の投資総額:300万円
・現在の負債総額:なし
・老後資金:60歳まで勤めれば120万円ぐらい
・退職金:寸志程度

三澤:ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの三澤恭子です。「終の住処」として購入したマンションが高値で取引されていると聞き、今売却するべきか迷いが出たというご相談ですね。老後の生活をどう描いていったらよいのか一緒に考えていきましょう。

はじめに、高値で取引されているらしく5,000万円位で売却ができそうとのことですが、相談者様のお部屋の査定はお済みでしょうか? まだであれば、複数の不動産会社に査定を依頼して価格を把握しておきましょう。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう