はじめに

前回、「老後2,000万円問題」について解説しました。そもそも「前提」となっている条件が現代の私たちにはなかなか当てはまらないのでは?と疑問が浮かび上がってきました。実際、「シングル」で20代の場合、どのように老後や資産について考えればいいのでしょうか? 「現在の貯蓄額平均」「収入・支出」「定年(65歳)までの期間」を軸に、資産の作り方を解説します。


シングル(独身)の平均貯蓄額は?20代と50代で比較

シングル(独身)の場合、どのくらいの貯蓄があるのでしょうか。
シングルといっても年代によって貯蓄額、収入、定年(65歳)までの期間はバラバラですので今回は20代(22歳)と50代(55歳)の2パターンを見てみましょう。

金融広報中央委員会が出している「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和2年)」をみると、シングル(独身)世帯の金融資産保有残高平均額は【1044万円】(中央値:300万円※1)となっています。これは、世代、エリア、就業別すべてを合わせた平均です。

意外としっかり貯めているような印象も受けます。

次に、今回ピックアップした世代をそれぞれ見てみると

20代:平均値  203万円 中央値 81万円
50代:平均値 1,601万円 中央値 622万円

20代であればまだ就職してまだ期間が浅いタイミング。収入自体も低くなかなか貯蓄に回せるほどの余裕はないかもしれません。反対に、50代であれば仕事も落ち着いていたり、役職がついていたりと、収入も安定している世代とも考えられ、平均値、中央値それぞれこれだけの差が出ても不思議ではありません。

では現在の貯蓄は20代、50代ともに上記を前提にまずは20代を「収入・支出」と「定年までの期間」の2つのポイントから見ていきましょう。

※1「中央値」年収が低い順(高い順)に国民を並べたときに丁度真ん中になる人の年収を表しているため、一部の富裕層の年収は中央値に影響せず、中央値は「普通の人」の生活水準により近くなる。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]