はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、看護師として働く44歳シングルマザーの方。子どもの独立とともに再婚を考えている相談者。再婚予定相手の転勤先についていくことを考えていますが、新しい土地での仕事や、1,500万円のローンが残った持ち家をどうするかなどについて不安があると言います。整理しておくべきお金のことは? FPの坂本綾子氏がお答えします。


44歳地方看護師シングルマザーです。18歳の子どもがこの春、東京に就職が決まり、卒業に合わせて再婚を考えています。ローン残高約1,500万、返済残り28年の持ち家がありますが、再婚相手が転勤族のため、家を置いてついていくつもりでいます。私一人名義のため、遺産として子どもに残すつもりです。

現在の仕事を辞め、この年齢で新しい土地で働くことに不安を感じています。もしも、馴染めなかった場合、また、今よりも収入が下がった場合や、専業主婦で生活できるか、その場合将来の年金額はどのくらいになるのか、ご教示ください。再婚は嬉しいのですが、将来の不安が強いです。 

私は正社員でなくても生活していけるでしょうか? 住宅ローンは自分で返済していきたいと考えています。

【プロフィール】
・女性、44歳、会社員、独身(再婚予定)
・子ども:18歳、来年3月高校卒業、就職で東京へ
・再婚予定相手:52歳、おおよそですが手取り45万円
 家賃補助あり、住居費2万円くらい
 自社持ち株あり、金額不明 積立年数18年。退職金なし
 離婚した際年金分割している。現時点での年金額16万円くらい
・住居の形態:持ち家(戸建て・中国地方)
・毎月の世帯の手取り金額:34万円(相談者のみ)
・年間の世帯の手取りボーナス額:95万円(相談者のみ)
・毎月の世帯の支出の目安:21万円(相談者のみ)

【毎月の支出の内訳】(相談者のみ)
・住居費:5万5,000円(住宅ローン)
・食費:1万4,000円
・水道光熱費:8,000円
・教育費:6万5,000円 (子ども費、寮費、小遣い)
・保険料:5万5,000円(医療保険2万5,000円、学資保険20才満期 月1万5,000円)
・通信費:8,000円(固定電話、携帯1台)
・お小遣い:5万円(趣味、娯楽費、交際費)
・その他:7万円(被服、美容費5,000円)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5〜0万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:50万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):300万円
・現在の投資総額:108万円(つみたてNISA含む投資信託約80万円、 株28万円)
・現在の負債総額:住宅ローン残高1,500万円(固定金利1.3%くらい、支払いあと28年)
・今の職場に転職して4年目のため、現時点での退職金は50万円

坂本:ご相談ありがとうございます。シングルマザーとしての子育てが一段落し、新しい人生を踏み出すのですね。1人より2人の方が経済的にも心強いし、これまで頑張って働いてきたのですから、しばらくは仕事を休んでのんびり過ごすのもよいかもしれません。しかし、嬉しいと同時に不安も強いとのこと。現在、とても重要な場面に立っているので、不安を感じるのは当然かもしれません。