はじめに

年金の減額には繰り下げ受給で対応する

サイドFIREでは年金が減ることは避けられません。この減額分をフォローするために、まず利用したいのは「年金の繰り下げ」です。

65歳から受給を1カ月遅らせるごとに、年金額の0.7%が増額されます。

たとえば、平均年収400万円の人が40歳で早期退職した場合、年間約118万円の受給額となりますが、70歳まで繰り下げれば約168万円(65歳時点の年金額の1.42倍)、75歳まで繰り下げれば約218万円(65歳時点の年金額の1.84倍)となります。75歳まで繰り下げが可能です(2022年4月から)。

著書「はじめてのFIRE」より

高年齢者雇用安定法の改正により、70歳までの定年引き上げが企業に対して努力義務となっています。
長く働ける環境が整いつつありますし、無理なく働いて「年金の繰り下げ」を行ったり、後述する不動産投資を活用したりするなどして、老後の収入を増やせます。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を