はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、39歳独身の会社員の方。住宅ローンを支払い、親への仕送りをしながら暮らしていますが、毎月赤字気味。将来が心配だと言いますが、趣味や楽しみは削りたくないとのこと。どこから支出改善するべきでしょうか? FPの横山光昭氏がお答えします。


8年ほど前に離婚し、間もなく40歳になります。私はペットと一緒に暮らしているものの、今後、結婚するつもりはなく、親を支えながら生きていきたいと考えています。

老後は年金では足りない生活費の補てんのために、2,000万円ほど必要だという話が以前ありましたし、自分の親が介護状態になるなど面倒を見る可能性も考慮し、お金を貯めていかなくてはならないと思っています。

自分の老後のためにと思い、1人で暮らせるだけの広さのマンションを5年前に購入しました。その住宅ローンの返済と、親への仕送りをしながらの暮らしですが、毎月赤字ぎみで、お金が貯まりません。ボーナスが手取りで年間110万円ほど支給されるのですが、赤字補てんと、洋服の購入でほぼ残らない状況です。できれば、貯金をしながら投資も始めたいと思っているのですが、現状のままでは不可能でしょうか。

趣味や楽しみも大切にしていきたいと思っているので、支出がなかなか減らせないのですが、上手くコントロールして楽しく暮らしながらお金を備えていく方法はないでしょうか。両親への仕送りは減らしたくありません。

【相談者プロフィール】
・39歳、会社員
・手取り収入:月収32万6,000円、年間ボーナス約110万円
・貯蓄額:約800万円
・毎月の支出の目安:37万3,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(住宅ローン+管理費):6万3,000円
・食費(外食含む):5万8,000円
・水道光熱費:1万4,000円
・通信費(スマホ1台):7,000円
・生命保険料:3万円
・日用品代:5,000円
・医療費:5,000円
・教育費:2万3,000円(ジムなど)
・交通費:6,000円
・交際費:3万円
・娯楽費(ゴルフ): 3万5,000円
・その他:1万6,000円
・ペット代:5万1,000円
・両親へ仕送り:3万円

横山:一人暮らしとしては、支出それぞれのボリュームが大きいように感じます。支出にメリハリをつけ、コントロールしていけると、楽しみを残しつつ支出を下げられるようになるかもしれません。

[PR]お金の悩み無料相談!ライフプランを作成し、将来の不安に対して、無理のない対策をアドバイス!