はじめに

賃貸であっても持ち家であっても、引っ越しはお金がかかります。支出が多いだけでなく、なんらかのトラブルが……となると、対応する気力や労力まで奪われてしまいます。

今回は引っ越しでお金を損しないためにやるべきことを紹介します。


引っ越しするか迷ったときに考えたいこと

転勤などで引っ越しが必須な場合以外でも「そろそろ引っ越そうかな」と思うこともありますよね。「ぼんやりと」「なんとなく」で適当な引っ越しをしてしまうと、万単位のお金がかかるので、後悔しないようにしっかり考えましょう。

引っ越しを迷ったときは、まず今の家への不満と、次の家へ求めることをリスト化していきましょう。先に今の家への不満を書いていくと、次に求めることも見えてきます。

場所、駅からの距離、部屋の広さ、収納、設備、日当たり、買い物などの利便性、治安等々、できる限り自分の希望を明確にしておくことが大切です。次の住まいへ求めることのリストができたら、物件探しをはじめます。

リストを表にして、候補の物件が出る度に自分の希望に対しての点数を書き込んでいきます。自分の各希望に対して何点取れたかで、物件の良し悪しが見えてくるので、冷静になることができます。

賃貸物件で家賃交渉ができるかも?

賃貸は、場合によって家賃の値下げ交渉ができるかもしれません。あくまでも可能性で、大家さんが個人なのか企業なのか、周囲の物件の相場などさまざまな要因によります。

例えば自分が住んでいるマンションの他の部屋が、入居当時よりも価格が下がって募集されていたら、更新時に自分の部屋の値下げ交渉してみるのも一つの手。筆者自身経験があり、毎月の家賃が3,000円安くなったことがあります。たかが3,000円と思われるかもしれませんが、差分を何年も毎月積み立て貯蓄をし、気づいたら驚きの金額になっていました。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ