はじめに

会社員・公務員・アルバイトでも確定申告必要な人

会社員・公務員・アルバイトの場合、基本的に確定申告は不要とお話ししました。しかし、あくまで「基本的に」です。たとえば以下のような人は確定申告をしなくてはなりません。

■給与収入が2000万円を超えている人

給与収入が2,000万円を超える場合には年末調整が行われません。ですから、確定申告が必要です。

■1か所の会社から給与をもらっている人で、そのほかにも20万円を超える収入(給与所得、退職所得を除く)がある人

給与の他に家賃や原稿料などといった副業の収入が20万円超ある場合は確定申告が必要です。

■2か所以上の会社から給与をもらっている人

年末調整は、1か所でしかできません。ですから、2か所以上の会社から給与をもらっている場合には、確定申告が必要になります。たとえば、複数のアルバイトを掛け持ちしている場合も、すべてのアルバイトの給与の合計額から年間所得を算出し、確定申告しなくてはなりません。ただし、1年間の給与の合計額が103万円以下の場合は確定申告不要です。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]