はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、会社員の夫と中学生の子どもと暮らす49歳パートの女性。これまでお金を気にせずに使ってきたという相談者。住宅を購入し、子どもの高校受験を迎え、お金がないことに焦り出したといいますが、今から家計改善して間に合うでしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。


50歳目前の夫婦と中学生の子どもと暮らしています。貯金なしなのに8年程前に戸建て購入。しばらく私は専業主婦をしていました。

住宅と車のローン、夫の生命保険は夫の給料から天引きされています。しかし、ザル勘定で生活してきていたため、気付けば貯金がなく子どもは来年受験生。高校の学費がない……と今更焦りだし今から貯金をしていこうと思っています。

家計の見直しをしつつ貯金していこうと考えていますが、毎月の生活費のほかに年間で2台の車検代、固定資産税などの税金支払いもあり、子どもの今後高校の学費や家のメンテナンス費用、家電の買い替え等も出てきて、毎回数十万単位でお金がかかるのかと焦りがとまりません。

家を売却して社宅に戻った方がいいのか、これから頑張れば何とかやっていけるのか……。社宅に戻ったとしても定年を迎えたら出ていかなくてはいけなくその資金もないです。売却して賃貸にしてもオーバーローンになると家賃を払う余裕はありません。

こんな状況になるまで好き放題使い、家計管理出来なかったのは自分が悪いのは重々承知です。アドバイスを頂けたらと思います。よろしくお願いします。

【相談者プロフィール】
・相談者:女性、49歳、パート
・夫:48歳、会社員 ・子ども:13歳(中学1年)
・住居の形態:持ち家(戸建て・関東地方)
・毎月の世帯の手取り金額:36万(私15万円、夫21万円。夫の給与から住宅・車ローン、夫生命保険、学資保険天引き住み。今後プラス4万くらいできるよう私のパートを増やす予定です)
・年間の世帯の手取りボーナス額:30万円(住宅と車のローンのボーナス払い天引き済)
・毎月の世帯の支出の目安:30万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:太陽光返済2万8,000円(住宅ローンは夫の給与から天引き済)
・食費:7万円(外食代含む)
・水道光熱費:1万5,000円
・教育費:4万2,000円(塾代3万2,000円、中学学費5,000円、修学旅行積立金5,500円)
・保険料:3万円(車2台分の保険1万3,000円、私の生命保険2社1万5,000円、子ども共済2,000円、子どもの学資保険1万3,000円は夫の給料から天引き済)
・通信費:3万5,000円(2人分スマホ代2万1,000円、ケーブル会社の固定電話+テレビ+インターネットセッ1万4,000円)
・車両費:2万円(2台分のガソリン代)
・お小遣い:2万6,000円(3人分)
・その他:日用品 1万円、病院代6,000円、雑費&使途不明金 2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:6~7万円(昨年の6月から始めました)
・ボーナスからの年間貯蓄額:5万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):240万円(子どもの学資保険は18歳満期で300万円予定)
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:3,186万円(住宅ローン2,800万円、車300万円、太陽光69万円 私のカード借金17万円。私のカード借金は夏までに全額返済してしまおうと思っています)

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼 FP YouTuberの秋山芳生です。今回のご相談者様は49歳の既婚女性です。今まで家計管理をしておらず、あまり貯蓄できていなかったようですが、13歳のお子さんの教育費と老後の資金を考えると不安ですよね。もうすぐ50歳になられますが、これからどのように巻き返していくべきか、

・家計改善のポイント
・教育費の考え方
・住宅と老後について

というテーマで一緒に考えていきたいと思います。 まずは家計の改善ポイントの洗い出しからはじめていきましょう。

[PR]不動産投資、住宅ローン、リフォーム等、不動産の"わからない"を自分で学んで判断できるように