はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、31歳の女性。正社員から派遣社員となり、収入は倍に増えたものの、不安定な立場ゆえ、不安を感じている相談者。結婚する予定はなく、将来を考え住宅を購入したうえで、早期退職を希望していますが、叶うでしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。


派遣社員で働いています。去年より正社員から派遣社員になりましたが、収入は約倍に増えました。現在手取りは50万円程度で、半分以上は貯金に回しています。ただ、現在は収入が多いのですが、派遣のためいつ契約が切れるかわからず不安を感じています。

結婚を考えておらず、40代以上の独身女性は賃貸マンションを借りづらいということを聞き、新築マンションの購入をする事に決めました。資産性と希望のエリアを加味したところ、3,800万円程度のマンションをフルローンで買おうと思っています。

新築マンションにこだわりはありませんが、中古マンションも希望のエリアだと価格があまり変わらなかったので、新築マンションを選びました。

月々のローン支払いは約14万円です。今の収入であれば支払いは問題なく、使いどころがない給与は持て余し、半分は貯金しているので、毎年100万円かもしくは10年後に1,000万円の繰り上げ返済をしようと思っています。

仕事で体と心を患ってしまった経験があり、できればアーリーリタイアをしたいと考えていますが、住宅ローンがあるので、いつまで働き続けなければいけないのかがすこし不安です。今は月に、

・純金積立1万円
・つみたてNISA3万3,000円
・投資信託8万円
・その他現金(銀行)

で貯金しています。貯金が今の方法で間違ってないのか、いつまで働けばいいのが、住宅ローンについてのアドバイスなどあればご教示いただきたいです。

【相談者プロフィール】
・相談者:女性、31歳、派遣社員、独身
・住居の形態:賃貸(一人暮らし、関東地方)
・毎月の世帯の手取り金額:50万円(月により数万円前後する)
・ボーナスの有無:なし
・毎月の世帯の支出の目安:20万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:9万円
・食費:3万円
・水道光熱費:1万円
・教育費:〜1万円
・通信費:1万円
・お小遣い:1万円
・その他:3万円(日用品、交通費)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:〜12万円(収入から生活費と投資を引いた分)
・現在の貯金総額(投資分は含まない):180万円
・現在の投資総額:120万円
・現在の負債総額:0円(マンションを購入する予定があり、その場合は3,800万)

飯田:今回は、フルローンでマンション購入を考えている31歳の相談者様です。現在、派遣社員として働いており、さまざまな方法で預貯金に励んでいらっしゃいます。相談内容は、今取り組んでいる預貯金の方法や運用方法が間違ってないのか、また、いつまで働けばいいのか、住宅ローンについて知りたいとのことです。相談者様の預貯金方法および住宅ローンを組む際の注意点をアドバイスしていきたいと思います。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう